開催中の個展・グループ展
第3回長崎二科小品展開催期間:2017/12/17 ~ 2017/12/30


個展・グループ展 スケジュール
小川富子 個展開催期間:2014/05/17 ~ 2014/05/31終了
水田竜太展 - the first hand -開催期間:2014/05/01 ~ 2014/05/15終了
グラスアート&押花二人展開催期間:2014/04/17 ~ 2014/04/30終了
浜辺耕作(写真)と
本村典子(書)のコラボ展
開催期間:2014/04/01 ~ 2014/04/16終了
西の会小品展シリーズ2『静物を描く』開催期間:2014/03/16 ~ 2014/03/31終了
山下南風展開催期間:2014/03/01 ~ 2014/03/15終了
長崎美術学院展開催期間:2014/02/16 ~ 2014/02/28終了
長崎ひがし写友会 写真展開催期間:2014/02/01 ~ 2014/02/15終了
佐々木三千男 油彩展開催期間:2014/01/17 ~ 2014/01/31終了
第2回陵風会展開催期間:2014/01/01 ~ 2014/01/15終了

貸画廊について

当館では『貸画廊サービス』を行なっており、静かな落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりとご鑑賞頂ける場所をご提供しております。 個展・グループ展などに是非ご利用下さい。
なお、ご予約受付はお電話やメールでも承っております。
ご展示頂く時期や期間など、お気軽にご相談下さい。
また、ご希望される方には、このページ内にて展示会のご紹介をさせて頂いております。 ご検討の際には、併せてお問い合わせ下さい。

追加機能のお知らせ

日頃からご覧頂き誠に有難うございます。
1つのページ内に表示する情報が増え過ぎた為、この度『ページング機能』を導入致しました。 この機能により、過去の展示会の情報が、よりご覧頂き易くなっております。 『個展・グループ展スケジュール』一覧の上下に設置されたボタンからご利用下さい。

個展・グループ展 紹介

≪第3回長崎二科小品展≫
 開催期間:2017/12/17 ~ 2017/12/30  開催中
 場所  :喫茶スペース
この度、南山手美術館にて三度目の二科会長崎支部作品展を開催する運びとなりました。

二科展は今年、国立新美術館において102回展を盛大に執り行い、無事終了しました。

支部員それぞれに大作と小品の関係性が異なっておりますが、よい絵、良い表現を追い求めていることは共通しております。

「現代を認識する徹底性に於て一流一派式に会の方向を限定する態度を採らない」という会の考えのもと、自由に表現された作品を展示しております。

何卒 ご高覧くださいますようお願いいたします。

                                     公益社団法人二科会 長崎支部一同




※画像をクリックすると拡大表示されます。


過去に当館で行なわれた個展・グループ展の内容をこちらからご覧になれます。
第2回二科会長崎支部作品展
二科会長崎支部 小品展
ページ上部へ移動する

≪小川富子 個展≫
 開催期間:2014/05/17 ~ 2014/05/31  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

小川富子と申します。
南山手美術館さんには日頃から二紀会とのご縁もあってお世話になっており
今回個展をさせて頂くことになりました。

大作では「生きるということは戦いである」というテーマで軍鶏を描いています。
今回は花、静物などの小品を展示いたします。

皆様のご高覧をお願いします。




※画像をクリックすると拡大表示されます。


ページ上部へ移動する

≪水田竜太展 - the first hand -≫
 開催期間:2014/05/01 ~ 2014/05/15  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

初の個展を開かせていただきます。

私の絵には数々の「手」が登場します。
地球上の様々なモノ、製品、建物、土地、風景、はたまた命...ありとあらゆるものが人間の「手」によってつくり出されています。
人間の「手」が生み出す限りない可能性やその力に魅了され、それらの魅力を表現するために日々模索しています。

今回の展覧会においては、「手」の絵画やドローイング、描く行為そのものを楽しみながら制作した小作品を展示します。

どうぞご来場いただき、ご高覧いただければ幸いに存じます。




※画像をクリックすると拡大表示されます。


水田竜太 Profile(概略)
1984 長崎県南島原市 生まれ
2005 長崎県展 長崎新聞社賞
2006 佐賀大学文化教育学部美術・工芸課程 卒業
2011 長崎県展 対馬市教育委員会賞
2012 長崎県展 諫早市教育委員会賞
二紀展 奨励賞
他 グループ展多数出品

長崎二紀会
長崎県美術協会会員
島原半島美術振興会会員

ページ上部へ移動する

≪グラスアート&押花二人展≫
 開催期間:2014/04/17 ~ 2014/04/30  (※このグループ展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

春らんまんの季節となり、クラフトを楽しんでいる二人が作品展をいたします。

手軽に出来るクラフトのグラスアートは、たくさんのカラーフィルムとリード線を使い、下絵を基にガラスの板やアクリル板に貼り仕上げます。
見た感じはステンドグラスのようです。

身近な植物を使った押花は、自然の色そのままにオリジナルの作品になりました。
私どもの作品で春のひとときを過ごしていただけたらと思います。

皆様のご来場をお待ちしております。

                              グラスアート 福島郁子
                              押 花    森 敦子





※画像をクリックすると拡大表示されます。



~福島郁子プロフィール~
2004年  グラスアート・インストラクター資格取得
現在、長崎市内でグラスアート教室を開いて活動中。

~森敦子プロフィール~
1996年  『ふしぎな花倶楽部』の押花に出会う。
1998年  押し花教室『花サロンATSUKO』を始める。
以降、教室展、個展、体験会等多数開催
学校での総合学習、PTAや地域行事への協力などを行なっています。

<お問い合わせ先>
花サロンATSUKO (代表・森敦子) TEL:090-2511-6555

過去に当館で行なわれた個展・グループ展の内容をこちらからご覧になれます。
押花&グラスアートの二人展
森敦子 押花作品展
森敦子 押花作品展 ~四季の花々たち~
森敦子 押花作品展 ~植物のふしぎな世界~
ページ上部へ移動する

≪浜辺耕作(写真)と 本村典子(書)のコラボ展≫
 開催期間:2014/04/01 ~ 2014/04/16  (※このグループ展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

モノクロ写真家の浜辺耕作とカリグラフィーアート本村典子(書)のコラボ展です。

ある日、書家と写真家が出会い。そして意気投合した。作品と作品の魂のぶつかり合いが見どころ。

浜辺耕作の〝自己顕示〟の強い作品が見事に破壊され、新しい命の息吹を吹き込まれ、「未知の世界」の作品へと甦った。

「写真の力」と「文字、言葉の力」を感じ取ってください。
ひとつの試みパロディとして見ていただければ楽しめると思います。
ご高覧ください。

                              浜辺耕作、本村典子



※画像をクリックすると拡大表示されます。



Facebookのページも是非御一緒にお楽しみください。
Noriko Motomura | Facebook

<長崎南山手美術館からのお知らせ>
2014年4月11日(金)は臨時休館日です。
なお、16日は通常営業となります。


ページ上部へ移動する

≪西の会小品展シリーズ2『静物を描く』≫
 開催期間:2014/03/16 ~ 2014/03/31  (※このグループ展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

このたび「西の会油絵・ボタニカルアート教室」の会員有志による小品の第2回グループ展を開催いたします。

今回のテーマは「静物を描く」です。
日頃こつこつと描きためた作品の中から静物を描いた作品だけを展示します。
身近にあるもの(題材)を深く観察し、ものの形の美しさ、固有の色彩、構成など、ものを通して個性的な小宇宙が表現できればと思います。

今後は「ボタニカルアート展」や「長崎風景展」、「山手界隈展」などシリーズとして順次開催の予定です。
皆様にご高覧を賜ります様ご案内申し上げます。





※画像をクリックすると拡大表示されます。


過去に当館で行なわれた個展・グループ展の内容をこちらからご覧になれます。
西の会小品展シリーズ1『花の展覧会』
ページ上部へ移動する

≪山下南風展≫
 開催期間:2014/03/01 ~ 2014/03/15  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

山下南風 -合羽版画で描く長崎-


山下南風(やましたなんぷう)1917~1995

染色工芸家、版画家、切り絵作家。

大正6年(1917)長崎市西小島生まれ。16歳で京都に遊学。
日本画を学ぶと同時に日本の伝統美である友禅染の仕事に従事し、日本画を生かした染色の修業を行なう。

昭和29年(1954)から40年(1965)まで長崎県立女子短大講師。
昭和天皇行幸のおり長崎県が献上した「行幸アルバム」の皮表紙の製作や、同じくオランダのベアトリックス女王陛下に献上した洋風二曲屏風を製作するなど長崎文化の普及に貢献。

山下南風の切り絵の仕事は型紙(合羽)をその原型としています。

昭和46年(1971)頃にヨーロッパで行なった染色の調査旅行で切り絵のヒントを得て京友禅などの日本の伝統染色の技術に、長崎のオランダ船やカピタン、長崎の歴史や風俗、街並みを描いた郷土色豊かな作品を制作。


<合羽版画(かっぱはんが)とは>
着物や風呂敷、手ぬぐい等を染めるときに用いる型紙のことで紙は渋紙(和紙に柿渋で加工)を使用する。
渋紙は水をはじくから型紙を「合羽」と呼び、合羽刷りで合羽版画です。






※画像をクリックすると拡大表示されます。



ページ上部へ移動する

≪長崎美術学院展≫
 開催期間:2014/02/16 ~ 2014/02/28  (※このグループ展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

長崎美術学院によるグループ展をご案内致します。

当学院では、小学生からご年配の方、画家を志す者まで幅広い年齢層の美術家が集い、日々楽しく制作に励んでいます。

本展はそうした様々な視点から描かれた小作品約20点の展示を予定しております。

眺めも素晴らしい南山手美術館で、心地良い空間をお楽しみ頂けると幸いです。




※画像をクリックすると拡大表示されます。



ページ上部へ移動する

≪長崎ひがし写友会 写真展≫
 開催期間:2014/02/01 ~ 2014/02/15  (※このグループ展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

創立41年を迎え今年も良い年でありますよう写真展を開催致します。

ご高覧、ご指導を賜りますようご案内申し上げます。



※画像をクリックすると拡大表示されます。


主催: 長崎ひがし写友会
会 長 宮崎圭介

ページ上部へ移動する

≪佐々木三千男 油彩展≫
 開催期間:2014/01/17 ~ 2014/01/31  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

このたび、お声をかけて頂き、初めて油彩の小品展を開催させていただくことになりました。

北海道の公立高等学校教師を定年退職し後、妻のふるさと長崎に移住して今年で10年になります。
余暇の善用に、趣味である油絵を更に深めるため、ご縁を得て東光会長崎支部に入会し、腰塚博行支部長はじめ東光会の諸先生のご指導とご鞭撻を受けながら研鑽を重ね、お蔭様で今年で8年目になります。

さて、私のモチーフは風景画ですが、特に四季を巡る美しい日本列島の自然景観とたたずまい、とりわけ、ゆかりの深い北海道と長崎の南北性の対比、日本のキリスト教文化の先進地であり、異国情緒豊かな長崎の宗教的精神風土等々の印象を、感じるままに、感性を研ぎ澄ませて描き上げたものです。
ささやかな油彩小品展ですが、どうぞご来場の上、ご高覧いただければ幸いに存じます。

最後になりますが、この機会をお与えいただきました長崎南山手美術館様に心からお礼申し上げます。




※画像をクリックすると拡大表示されます。


佐々木三千男(東光会会友)
~プロフィール~
現住所 長崎市在住
出身地 秋田県横手市
生年月日 1940年2月14日
最終学歴 立正大学文学部地理学科卒業
最終職歴 北海道公立高等学校教員
1998年 道公立学校教職員美術展入選
2005年 東光会長崎支部入会
2006年 第72回東光展入選
(以後連続7回入選)
長崎県美術展入選
2012年 第78回東光展会友推挙
長崎県美術協会会員
2013年 東光会会友
現在に至る

ページ上部へ移動する

≪第2回陵風会展≫
 開催期間:2014/01/01 ~ 2014/01/15  (※このグループ展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

皆様には、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、この度、生涯学習の一環として、長崎県立西陵高等学校で実施した「油絵基礎講座」の成果を発表することにいたしました。

地域における芸術活動の振興は、生きがいに満ちた社会を築くために極めて大切であり

このような生涯学習を支えることは、新しい時代にふさわしい学校の役割であると思っております。

受講生は、地域住民の方々で、美の追求をとおして本校の絵画教室で出会ったメンバーです。

楽しく描いた油彩画の作品を展示いたします。

どうぞご高覧くださいますよう御案内申し上げます。

                                        長崎県立西陵高等学校 校長 石見 茂



※画像をクリックすると拡大表示されます。



ページ上部へ移動する