開催中の個展・グループ展
徳永玲子個展 『パステルとデコアート』開催期間:2017/09/17 ~ 2017/09/30


個展・グループ展 スケジュール
笹田末人 個展開催期間:2012/08/17 ~ 2012/09/02終了
眞鍋健一 『第3回 新作 能面展』開催期間:2012/08/01 ~ 2012/08/15終了
小川巧 作品展開催期間:2012/07/17 ~ 2012/07/31終了
平田賢昭 作品展開催期間:2012/07/01 ~ 2012/07/15終了
八木孝蔵 写真展『春爛漫』開催期間:2012/06/01 ~ 2012/06/30終了
グループ南山手 長崎美術学院展開催期間:2012/05/17 ~ 2012/05/31終了
森敦子 押し花作品展 ~四季の花々たち~開催期間:2012/04/20 ~ 2012/05/15終了
長崎折遊おりがみ展開催期間:2012/04/14 ~ 2012/05/06終了
岸本悦子 油彩展開催期間:2012/03/22 ~ 2012/04/15終了
清水正 水彩画展開催期間:2012/03/03 ~ 2012/03/21終了

貸画廊について

当館では『貸画廊サービス』を行なっており、静かな落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりとご鑑賞頂ける場所をご提供しております。 個展・グループ展などに是非ご利用下さい。
なお、ご予約受付はお電話やメールでも承っております。
ご展示頂く時期や期間など、お気軽にご相談下さい。
また、ご希望される方には、このページ内にて展示会のご紹介をさせて頂いております。 ご検討の際には、併せてお問い合わせ下さい。

追加機能のお知らせ

日頃からご覧頂き誠に有難うございます。
1つのページ内に表示する情報が増え過ぎた為、この度『ページング機能』を導入致しました。 この機能により、過去の展示会の情報が、よりご覧頂き易くなっております。 『個展・グループ展スケジュール』一覧の上下に設置されたボタンからご利用下さい。

個展・グループ展 紹介

≪徳永玲子個展 『パステルとデコアート』≫
 開催期間:2017/09/17 ~ 2017/09/30  開催中
 場所  :喫茶スペース

南山手美術館さんで初めて個展をさせていただきます。

今回の個展では、パステルで制作した作品にビーズなど縫いつけてデコレーションしたオリジナル作品「デコアート」と

観て癒される優しいグラデーションが活かされた小作品を展示させていただきます。

ぜひ近くでご覧ください。




※画像をクリックすると拡大表示されます。


ページ上部へ移動する

≪笹田末人 個展≫
 開催期間:2012/08/17 ~ 2012/09/02  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース
今回、ペンを使って素描を描いてみました。
ペンで書く面白さ、一本の線を引く緊張感、また、自分の線を探すきっかけとなりました。
いろんな素材の持ち味を生かし、もっといろんな表現を見つけ出していきたいと思います。
暑い日が続きますが、南山手美術館さんの心地よい空間をお楽しみください。





※画像をクリックすると拡大表示されます。



ページ上部へ移動する

≪眞鍋健一 『第3回 新作 能面展』≫
 開催期間:2012/08/01 ~ 2012/08/15  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース
室町以来、七百余年の歴史と伝統を持つ能楽は、「謡」「仕舞」「能面」が一体となって成り立っていますが、それぞれ独立した世界があります。
能とともに歩いてきた能面は、それ自体でも鑑賞に値する芸術性の高いものですが、やはり能舞台での動きあってこそ、真の価値が生じるものです。
私たちも能舞台で使用できる作品を目指して努力精進しております。

この度、第3回 新作 能面展を開催する運びとなりました。
まだまだ未熟ではございますが成果を披露し、皆様の御批評ご意見を賜り、励みにしたいと思っています。
是非、御高覧下さいますようご案内申し上げます。
                                                     平成24年7月吉日
                                                     無双会 会員 眞鍋 健一




※画像をクリックすると拡大表示されます。

能面に魅せられて、1996年 能面教室 無双会へ入会。
現在までに
翁面 白式尉 黒式尉 父尉 小牛尉。
小面 大和 月の面 花の面。
孫次郎 万媚 曲見 泣き増 若女(白菊)増女 泥眼 姥 山姥 痩せ女 逆髪
蝉丸 赤平太 邯鄲男 十六 童子 痩せ男
猩々 白般若 怪士 顰 大癋見 小獅子 蛙 大飛出
狂言面 空吹き 乙。
等40面余り打ってまいりました。

ページ上部へ移動する



≪小川巧 作品展≫
 開催期間:2012/07/17 ~ 2012/07/31  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース
南山手美術館さんで展覧会をさせて頂くことになりました。
…ということで、地元長崎をスケッチしてみたところ、なかなか面白い情景が沢山あることに気づかされました。
描いているときは、まだ心地よい風や太陽がありましたが、今はなんとも梅雨でうっとうしい中での制作です。
絵の内容は、きっと心地よく爽やかであると思います。
後一見ください。




※画像をクリックすると拡大表示されます。

小川 巧(Ogawa Koh)画歴
1946 佐賀県生まれ
1974 愛知県立芸術大学大学院油画科修了
渡伊 ぺルージャ美術アカデミアに留学(~'78 帰国)
1991 第45回二紀展('94・'96奨励賞、'99同人賞,'00宮本賞、'04会員優賞、'05委員推挙)
1994 日韓美術交流展(長崎・大邱) ('96 )
1996 日韓親善美術交流展(長崎・ソウル)
2000 第18回伊豆美術祭絵画公募展・大賞
2001 文化庁派遣芸術家在外研修員特別派遣(マドリッド・プラド美術館、シルクロ・デ・ベジャスアルテス)
文化庁主催第35回現代美術選抜展('04)
2002 Asian Art Now 2002展(ラスベガス) アジアンアートナウ2002(エクセレンス)賞
2004 2004長崎国際アートシンポジウム (~'05)
2005 パキスタン・イスラマバード アーマードギャラリー 招待出品
"Vento della pace″展 (マケドニア国立現代美術館 招待出品 ~'06) マケドニア・イタリア研修
2006 広島・長崎・レカナーティ平和美術展 (イタリア・レカナーティ市庁舎,広島,長崎)
文化庁芸術家在外研修員の会40周年記念美術部門『出会いの翼』展(日本橋三越本店)
2007 文化庁芸術家在外研修制度40周年記念 「旅」展 (国立新美術館)
2008 PROPOSTE DAL GIAPPONE 展 (イタリア・ミラノ,東京,神戸)
2010 欧州国際平和賞 (イタリア ヴィンチェンツォ・ビアンキ財団より授与)
ミハイ・エミネスク欧州国際文化賞(ルーマニア・ミハイ・エミネスク欧州財団より授与)
受賞記念展(ルーマニア・クライオーヴァ市 国立美術館別館)
2011 ミハイ・エミネスク欧州国際文化団体 名誉会員に推挙される
参議院 議会開設120年記念 参議院議長応接サロンに作品収蔵
個展(名古屋松坂屋本店、福岡日動画廊 その他)及びコンクール・グループ展等、各地にて多数出品
現在 社団法人日本美術家連盟会員
社団法人二紀会委員
長崎県美術協会副会長

ページ上部へ移動する

≪平田賢昭 作品展≫
 開催期間:2012/07/01 ~ 2012/07/15  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース
今回の個展はコラージュによる油彩作品を中心に構成しています。
色と色との響き合いを求めて製作しました。

多くの方々のご鑑賞をお願い致します。





※画像をクリックすると拡大表示されます。

~画歴~
個展(長崎・熊本)多数
長崎県展・市展審査員
元二紀会同人
現在 日本美術家連盟正会員

ページ上部へ移動する

≪八木孝蔵 写真展『春爛漫』≫
 開催期間:2012/06/01 ~ 2012/06/30  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース
コンセプト
今回は、2月から5月にかけて家の周りに咲いている身近な春の花の写真を中心に構成しています。
写真は、フォト教室や雑誌を見て勉強をしたこともない全くの自己流なので、腕はまだまだ未熟ですが、「自分の思いのまま、感じたまま、見たまま」表現出来ればと思い、楽しみながら撮っています。

レタッチなどの編集は一切やっていません。
自然の物を撮っているのに、加工したら自然の物では無くなってしまうと思うのです。
同じ被写体でも、撮る時間や日付が異なれば、全く違う色合い・ボケ感・光りの入り方も違ってくるのですが、それが写真の面白いところだと思います。

ただ綺麗に撮るだけではなく、優しさや温もりのある写真を目指していきたいと思いながら撮っています。
皆さんに写真を見ていただいて、私の写真に対して「優しい写真」とか「 温もりのある写真」と、そういう風に感じていただければ大変嬉しいです。





※画像をクリックすると拡大表示されます。

~プロフィール~
平成14年に職場の仲間でコンパクトデジカメを購入したのをきっかけに写真を始める。
平成18年1月10日ホームページ「花の写真館」を開設。
平成19年2月から一眼レフで撮り始める。

過去に当館で行なわれた個展・グループ展の内容をこちらからご覧になれます。
八木孝蔵 写真展『季節の花々』

ページ上部へ移動する

≪グループ南山手 長崎美術学院展≫
 開催期間:2012/05/17 ~ 2012/05/31  (※このグループ展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

長崎美術学院に在籍する美術界期待の若手作家6名によるグループ展です。

「長崎南山手の風景」をメインテーマとして、油絵や水彩画の小品を中心に展示致します。

それぞれが新しい表現を目指して制作した力作ぞろいです

グラバー園や大浦天主堂の思い出に、是非お立ち寄り下さい。



福田三徳 油彩 『御堂の聖母』
※画像をクリックすると拡大表示されます。

長崎美術学院
HP:http://nagabi.net/


ページ上部へ移動する

≪森敦子 押し花作品展 ~四季の花々たち~≫
 開催期間:2012/04/20 ~ 2012/05/15  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース

前回開催しました≪森敦子 押花作品展 ~植物のふしぎな世界~≫展では、多くの皆様から押花への参考になるご感想をいただき大変感謝致しております。

今回の展示では、春夏秋冬それぞれの花たちが織りなす四季の風景や、春をよろこび咲き乱れる花たちをご覧いただきたいと思います。

多数の御来場をお待ちしております。





※画像をクリックすると拡大表示されます。

≪押し花教室≫
5/1, 5/2 13:00~16:00
無料での体験教室を開催致します。
世界で1枚のオリジナルのハガキ、しおりを作りませんか?
ご参加をお待ちしております。

~プロフィール~
1996年  『ふしぎな花倶楽部』の押花に出会う。
1998年  押し花教室『花サロンATSUKO』を始める。
以降、教室展、個展、体験会等多数開催
学校での総合学習、PTAや地域行事への協力などを行なっています。

<お問い合わせ先>
花サロンATSUKO (代表・森敦子) TEL:090-2511-6555

過去に当館で行なわれた個展・グループ展の内容をこちらからご覧になれます。
森敦子 押花作品展 ~植物のふしぎな世界~

ページ上部へ移動する

≪長崎折遊おりがみ展≫
 開催期間:2012/04/14 ~ 2012/05/06  (※このグループ展は終了しました。)
 場所  :美術館内二階展示室
長崎折遊=日本折紙協会長崎支部=の折紙展示会を行います。
5月5日の子供の日にちなんで、菖蒲、アヤメ園のコーナーをはじめ、伝承折紙コーナーでは作者不詳のまま親から子へ、子から孫へと伝承されてき来た折紙のルーツを見るコーナーになっています。
次に今年の干支[辰]を中心に十二支の動物等を展示し、昨年の災害を乗り越えるよう祈願した大きな龍を出品します。
展示作品は色紙、花、ユニット作品等々がありますが、大きな「しゃちほこ」も見逃せない逸品です。
メインは浜田代表の最新作「戦国武将の時代の折り紙」で信長、秀吉、家康のかぶとを中心に様々な難関折紙も展示しますのでお楽しみ下さい。
3月現在展示作品を鋭意作成中で途中経過ですが一部写真で披露します。




※画像をクリックすると拡大表示されます。

≪折紙体験≫
開催期間中の土、日曜,祭日には折紙体験が出来ます。
長崎折遊会員が「アゲハチョウの会員章」を付けて待機していますので、気軽に声をかけてください。
体験折紙は日替わりで6種類準備しています。サンプルを会場で展示しています。
  1・鯉の箸袋=====創作:土戸英二
  2・独楽=======創作:長谷川太市郎
  3・かぶと======創作:浜田 勇
  4・器========創作:浜田 勇
  5・飛び出すかぶと==創作:竹尾篤子
  6・鶴のたとう====創作:青柳祥子

≪長崎折遊の歩み≫
1995年に堤政継さんが中心になって日本折紙協会九州支部が出来ました。
同年に世界折紙展が長崎玉屋で開催され、そのときの講師、津田さん、得能さん、宮本さん、浜田が中心になって長崎折遊=日本折紙協会長崎支部=を立ち上げました。
そのときは長崎県下の日本折紙協会の会員に呼びかけ、80人ぐらいのメンバーではじめ、平戸、五島からも講習に参加されています。
翌年1996年に布施知子さんをゲストに向かえ第1回目の九州折紙コンベンションを 長崎市民会館で行いました。
その後佐藤さんが佐世保折遊を立ち上げ、又、宮本さんも鹿児島に移られて折遊鹿児島を立ち上げました。
長崎折遊では東山手、浜屋、コクラヤ、イリスなどで折紙展を行い今日に至っております。
現在 長崎市を中心に約20名の会員で折紙を楽しんでいます。

≪折紙の歴史≫
今の伝承折紙のほとんど=折鶴を除く=は西洋の折紙です。
折紙の歴史、折紙の発祥地は確定されていませんが折紙には二つの流れがあり、ひとつは日本の折紙で室町時代よりの、たたみがみ、おりかた、たとう、くすりがみ、のし=小笠原流などに伝わる=などがあり、江戸時代、一部庶民の中にも浸透してきた折鶴、連鶴、千羽鶴などがあります。
もうひとつは西洋の折紙で、西洋に古くからある船、ハンカチ飾り、ナプキン、風船、水飲み鳥=スペイン=、幼児教育の折紙=フレーベル=などがあります。

≪フレーベルの折紙≫
明治9年、幼稚園(東京女子師範付属幼稚園)教育を始めるとき、教育の手引きとして、東京女子師範付属幼稚園初代監事、関信三がフレーベルの20恩物=積み木など=を取り入れました。 ただし、20恩物はその時の誤訳で10恩物10手技と訳した方が良いようです。

≪日本の折紙と西洋の折紙の違い≫
日本の折紙: 折鶴を代表する22.5°の折紙、紙は自由、切込み自由、糊自由。
西洋の折紙: 風車を代表する45°の折紙、紙は正方形が多い、切込み折紙も少ない、糊の使用も少ない。
折紙の発祥地は確定されていないが、折紙が育まれたのは日本であり、世界中でORIGAMIと呼ばれ、親しまれるようになっています。
*参考資料「折るこころ」折紙作家、折紙歴史家、岡村昌夫、高木智氏に助言を頂きました。

=記:代表 浜田勇=


ページ上部へ移動する

≪岸本悦子 油彩展≫
 開催期間:2012/03/22 ~ 2012/04/15  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース
この度、南山手美術館で、小品ですが個展が出来ることを嬉しく思います。

小品をあまり描くことのない私ですが、描き始めの頃はたくさん描いていたように思います。
その頃の作品を見ると今の私の原点が感じられるものも多くあります。
それぞれの作品にそれぞれの思いを乗せて、その時の私の持てる力を振り絞って描いています。
「オランダ万才」をモチーフにしていろいろな表現方法を模索してきました。
歴史にはぐくまれてきた長崎の人々のおおらかさや心の豊かさを画面に出せればいいなあと思って今も描き続けています。

                                           岸本 悦子



※画像をクリックすると拡大表示されます。

~プロフィール~
1937  満州新京市生まれ
1981  米村 彦氏に師事
1991  県展知事賞受賞 他入選7回・受賞2回
1995  西日本女流展特別賞受賞 他入選3回
1998 「アートルーム」開室。子供や初心者に楽しい製作の場を提供
1999  31回日展初入選
2000  67回東光展女流華賞受賞 他入賞2回入選5回
2006  東光会審査員推挙
1998~2007  東光会長崎支部事務局
ポールアンビュー展(フランス)大賞受賞
第2回ミレー展(世界展)入選 ルーブル美術館展示
市展       入賞4回 入選6回
勤労者展     入賞5回
長崎新美術展   入選4回
現在   東光展審査員
     長崎県美術協会会員・長崎市美術振興会洋画部役員


ページ上部へ移動する

≪清水正 水彩画展≫
 開催期間:2012/03/03 ~ 2012/03/21  (※この個展は終了しました。)
 場所  :喫茶スペース
花々を中心とした作品です

皆様の心に・・・・

届きますように


※画像をクリックすると拡大表示されます。


ページ上部へ移動する